広島大学数理統計学グループ

アイキャッチ
インタビュー

新着情報

2022年09月30日
研究発表
伊森准教授が日本数学会2022年度秋季総合分科会で「高次元多変量線形回帰モデルにおける変数選択について」というタイトルで特別講演を行いました
2022年09月30日
論文
小田助教,大石特任助教および栁原教授の研究論文「An ℓ2,0-norm constrained matrix optimization via extended discrete first-order algorithms」が学術雑誌Hiroshima Mathematical Journalに掲載受理されました
2022年09月30日
研究発表
小田助教が2022年度統計関連学会連合大会で「高次元 GMANOVA モデルにおける予測のための一般化 Cp 規準の漸近性質」というタイトルで研究発表を行いました
2022年09月30日
研究発表
M2の小野さんが2022年度統計関連学会連合大会で「微分形式を利用した林木成長関数の推定と選択」というタイトルで研究発表を行いました
2022年09月30日
研究発表
M1の柴山さんが2022年度統計関連学会連合大会で「予測値がハット行列で表されるモデルの修正Cp規準」というタイトルで研究発表を行いました
2022年09月30日
論文
修了生の望月さんと栁原教授の研究論文「Confidence intervals in multiple linear regression conditioned on the selected model via the kick-one-out method」が学術雑誌International Journal of Knowledge Engineering and Soft Data Paradigmsに掲載受理されました
2022年09月16日
研究発表
D1の鬼塚さんが北海道大学で行われた科研費シンポジウムで「分位点のベイズ的平滑化とその妥当な信用区間の構成について」というタイトルで研究発表を行いました

研究室

若木 宏文 若木 宏文

統計学は, データから必要な情報を引き出すための方法と理論を研究する学問分野であって, その方法は自然, 社会のあらゆる現象に対して応用されています. 数理統計グループでは, 統計学の分野のうち主として, 多変量解析, 推測理論, 統計的漸近理論, ノンパラメトリック法, ベイズ統計,計算機統計理論等について研究を行っています. また, 統計理論に動機づけを持つ数学理論及び実際面の応用に関しても研究を行っています.

スタッフ

学生ゼミ

その他

  • 数理統計セミナー
  • テクニカルサポート
  • 統計相談