アイキャッチ

福井敬祐

役職

大学院先進理工系科学研究科 准教授,情報科学部担当,AI・データイノベーション教育研究センター 研究員 併任

略歴

2015.3
広島大学大学院 理学研究科 数学専攻 博士課程後期修了 (博士(理学)取得)
2015.4-2017.3
大阪府立成人病センター 治験臨床研究管理室 兼 がん予防情報センター 疫学予防課 生物統計研究員
2017.4-2018.3
大阪国際がんセンター 治験臨床研究管理室 兼 がん対策センター 疫学統計部 生物統計研究員(組織改称にともなう)
2017.4-2018.3
大阪大学 医学系研究科 社会医学講座 招へい教員 (兼任)
2018.4-2020.7
大阪医科大学 研究支援センター 医療統計室 助教
2018.4-2019.3
株式会社東京カンテイ 技術指導員(兼業)
2018.9-2018.12
大阪府公募型プロポーザル方式等事業者選定委員会委員 (事業名:大阪府ヘルスアップ支援事業)(兼業)
2020.4-
統計数理研究所 リスク解析戦略研究センター 客員准教授 (兼業)
2020.8-
広島大学大学院 先進理工系科学研究科 数学プログラム 准教授

主な研究内容

私は,医学・疫学データのための統計解析手法の開発や応用を行っています.近年では,EBM (Evidence Based Medicine:証拠に基づく医療)やEBPM (Evidence Based Policy Making:証拠に基づく政策決定) が重要視され,データの利活用が進んでいます.医療現場における治療や,健康政策における医療施策が患者や住民にどの程度影響を与えたのかを明らかにし,定量化することで,限られた資源(ヒト・モノ・カネ)を有効活用し,最適な治療・施策の決定に繋がります.
私が研究対象とする医学・疫学データは生物を対象とした物がほとんどであり,一つ一つのデータのバリエーションが大きいという特徴を持っています.これらのデータの中から様々な統計学的手法を用いてその特徴を明らかにするため,新たな統計解析手法を開発していくことや,開発した手法を適用して実際の医療・政策へ活用していくことが私の研究内容です.

主な研究業績

査読付き論文

  • Fukui, K., Yamamura, M. & Yanagihara, H. Comparison with residual-sum-of-squares-based model selection criteria for Selecting growth functions. FORMATH, 14, 27–39, 2015. DOI: 10.15684/formath.14.004
  • Fukui, K. Consistency of log-likelihood-based information criteria for selecting variables in high-dimensional canonical correlation analysis under nonnormality. Hiroshima Mathematical Journal, 45 (2), 175–205, 2015. DOI: 10.32917/hmj/1439219708
  • Nawa, T., Fukui, K., Nakayama, T., Sagawa, M., Nakagawa, T., Ichimura, H. & Mizoue, T. A population-based cohort study to evaluate the effectiveness of lung cancer screening using low-dose CT in Hitachi city, Japan. Japanese Journal of Clinical Oncology, 49 (2), 130-136, 2019. DOI: 10.1093/jjco/hyy185
  • Fukui, K., Ito, Y., & Nakayama, T. Trends and projections of cancer mortality in Osaka, Japan from 1977 to 2032. Japanese Journal of Clinical Oncology, 49 (4), 383-388, 2019. DOI: 10.1093/jjco/hyy204
  • Fukui, K., Ohishi, M., Yamamura, M., & Yanagihara, H. A fast optimization method for additive model via partial generalized ridge regression. Smart Innovation, Systems and Technologies, 193, Intelligent Decision Technologies 2020: Proceedings of the 12th KES International Conference on Intelligent Decision Technologies KES-IDT-2020 (eds. I. Czarnowski, R. J. Howlett & L. C. Jain), 279-290, 2020. DOI: 10.1007/978-981-15-5925-9_24

受賞

  • 第76回公衆衛生学会総会 口演賞 (2017年10月)
  • 地域がん登録協議会 藤本伊三郎賞 (2017年6月)